悪化する前に性病検査を調べよう|他人事じゃない

医者と看護師

検査のやり方とその必要性

女医

検査の特徴と手順

HIV検査とはエイズの原因となるHIVに感染しているかを確認するための検査です。一般的な方法として血液検査があります。HIVに感染していると血液中にその抗体が作られますが、その抗体の有無を血液から調べます。HIV検査の流れとしてはまずスクリーニング検査を行います。この際に陰性であれば問題ありません。陽性である場合には、HIVに感染している場合と感染していないのにも関わらず陽性となる特殊な場合の2つがあるため確認のためにもう一度検査を行います。ここで陽性が出た場合にはHIVに感染していると断定されます。またHIVには感染していたとしても検査に結果が反映されない時期が存在します。一般的に感染後4週間以内の場合には抗体が作られませんので注意が必要です。

検査の必要性

エイズは非常に有名な病気ですが、その危険性を理解している人はまだまだ少数です。もしHIVに感染していることに気づかず性交渉をしてしまうと大切なパートナーにもHIVが感染してしまう可能性があります。HIV検査は自分のためだけではなく、パートナーのためにも受ける必要があります。HIV検査というと大げさなイメージがありますが、実際には非常に簡単な検査であり、好きな時に受けることが可能です。基本的には一般的な血液検査と大差はないため、必要なものは本の少しの心掛けだけです。すぐに終わるため時間も必要ありません。しかし検査を受ける際には、感染の可能性があった日から4週間以上の時間が必要となることを忘れてはいけません。